屋久島 vol.1

ネタがない。。。

ってことで、過去ネタ、屋久島旅行のネタで書きます。
長いです。
暇なときに良かったら読んでくださいね^^


屋久島旅行のメインイベントはもちろん「縄文杉トレッキング」

現在発見されている屋久杉のなかで最も長寿と言われてる杉を見に行くトレッキングです。


朝5時時ごろ集合だったかなぁ。。。
まだ明けきらない薄暗い6時前に登山口から歩き始めました。

c0220772_0344124.jpg


道程の半分以上は昔林業で使われていたトロッコ道を歩くわけです。
ガイドさんの話を色々聞きながらひたすら歩きます。
トロッコ道は時間にして約3時間だった。

トロッコ道を抜けると大株歩道という登山道に入り、勾配は急になり、結構きつくなります。
が、森の密度も同時にものすごい濃くなり、感動もその分大きくなってくわけです。
c0220772_0421354.jpg

こんな風に、木々の根っこを傷つけないようにするために登山道には階段やデッキが作ってあります。
これを作った人たちはすごいなぁ。。と思いつつ、階段って高さがまちまちできついんだよね。





写真の場所はゆるいけど、急な階段がながーく続いたりして、正直、写真撮る余裕はなかった(笑)
汗ふき出るし、ゼェゼェハァハァ。
そして、ガイドにも時間が。。。と急かされ余計写真撮る余裕なし^^;

有名なウィルソン株で休憩。
c0220772_053652.jpg

ガイドさんが撮ってくれた^^
すっごい大きいでしょ~♬♫
ここまで来るのに4時間。

なんと、この時点ではまだ世界遺産登録区域には入ってません。

おひるごはん休憩をして~。
c0220772_0551344.jpg

精一杯の早食いをして、苔を撮ってみた(笑)
ホントはこんなのゆっくり撮りたかった。。。
でも、グループでの行動なのでガマンガマン。

縄文杉が発見されるまでは最高齢の屋久杉だった「大王杉」を超えたあたりからようやく世界遺産登録区域に入りました。

もう、ここからはまさに神の宿る森。
森の密度はますます濃くなり、木々はさらに大きくなる。
樹齢千年以上の屋久杉がそこらじゅうに生きてる。
登山道沿いには形が個性的だったりして名前のつけられてる巨木がところどころにあるけど、名もない大きな大きな巨木はそれ以上にたくさんある。

歩き始めること6時間。
縄文杉に到着!

ホントにすごい存在感。。
c0220772_124846.jpg

樹齢3000年とも7000年とも言われているけど、ごつごつの幹が過ごしてきた年月を物語ってる。

もいっちょ
c0220772_134139.jpg



ホント、疲れも一気に吹っ飛ぶ感動でした!


つづく。。。


ASPアクセス解析
[PR]
by aapmakichi | 2009-11-22 01:06 | 旅行写真
<< 反省会&忘年会♪ モノ撮り >>